四角やベース型に合うメガネ

輪郭に合わせたメガネの形の選び方

メガネの形は、輪郭に合わせることで自分に似合うものを見つけやすくなります。顎が細い逆三角形顔の方は、丸いラインで縦幅がなく、横に長いオーバル型を着用することで、メガネが浮くこともなく柔らかい印象を与えることができます。逆に縦幅のあるウェリントン型を選んでしまうと、メガネが強調される可能性があるので注意が必要です。長くてほっそりした顔のラインが特徴の面長顔の方は、縦幅のあるウェリントン型がおすすめです。バランスが取りやすく、顔の長さを短く見せることができます。横に広い印象の丸顔の方におすすめなのが、角があるデザインが特徴のスクエア型やウェリントン型です。キリッと引き締まった印象を与えると同時に、顔のラインをスッキリとシャープに見せることができます。
エラの張った四角顔やベース顔の方には、オーバル型やボストン型がおすすめです。丸みを帯びた曲線で柔らかい印象を与えることができます。

輪郭以外でのメガネを選ぶポイント

メガネを選ぶ際は、黒目の位置にも注意して選ぶようにしましょう。黒目が真ん中に来るように意識することで、違和感がなくナチュラルな印象を与えることができます。フレームの横幅は、顔の横幅と同じ長さになるようにし、縦幅は顔の長さの3分の1程度を目安にすることでピッタリのサイズを選ぶことができます。
メガネはフレームのカラーによっても大きく印象が変わりますが、最も人気が高く日本人の肌にも馴染みやすいのがブラウン系のカラーです。暖かく優しい印象を与えることができ、性別や年代を問わず愛用しやすいのも魅力となっています。目元を強調する黒縁メガネは、白髪との相性もよく肌のくすみを目立たなくする効果も期待できます。このようにさまざまな効果や特徴があるため、カラーの持つ印象についても調べて選ぶのがおすすめです。